アイコ十六歳

アイコ十六歳
ジャンル
邦画 / ヒューマン
制作国
日本
劇場公開
1983/12/17
キャスト

ストーリー

堀田あけみの『1980アイコ十六歳』を、『ミルク○ミルク』の今関あきよしが監督した青春ドラマ。名古屋を舞台に弓道に明け暮れる女子高生の、ひと夏の青春を描く。脚本は、今関と秋田光彦、内藤誠、桂千穂が共同で執筆。大林宣彦が製作総指揮を務め、サザンオールスターズが音楽を担当。富田靖子と松下由樹は、本作でデビューを飾った。名古屋市内の県立高校に通う三田アイコは、1学期の終業式の帰りに、中学時代に付き合っていたあいつを見かける。中学を卒業してから連絡を取っていなかったが、あいつが女の子と一緒にいるのを見て、アイコの気持ちは揺れてしまう。2学期、アイコのクラスに弓道全国大会に入賞したことがある島崎愛子先生が赴任してきた。アイコは島崎先生に憧れるが、妊娠中だった先生が自殺未遂をしたと聞き・・・。

動画リンク

アイコ十六歳

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿