美しさと哀しみと

美しさと哀しみと
ジャンル
邦画 / ヒューマン
制作国
日本
劇場公開
1965
キャスト

ストーリー

自分の師の恋人を奪い、その息子を自殺させながら同性である師を心から愛する少女。果たして、彼女は天使か悪魔か?川端康成の同名小説を、『暗殺』の山田信夫が脚色し、篠田正浩が監督したヒューマン・ドラマ。1985年には、シャーロット・ランプリング主演のフランス映画としてリメイクされた。かつて、大木(山本圭)は妻子ある身で、少女の音子(八千草薫)を身ごもらせた過去を持つ。音子は死産し、自殺未遂するが、その音子をモデルに書いた小説は、彼の出世作となった。それから20年。大木は画家として大成した音子を京都に訪ねたが、そこで出逢った音子の弟子・けい子(加賀まりこ)の妖しい魅力に惹かれる。音子を敬慕するけい子は、大木との哀しい恋の話を聞き、大木へ復讐するため江ノ島のホテルで彼にに抱かれるが・・・。

動画リンク

美しさと哀しみと

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-09-17

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿