十二人の怒れる男

十二人の怒れる男
ジャンル
洋画 / ミステリー
原題
12 ANGRY MEN
制作国
アメリカ
劇場公開
1959/08/01
キャスト

ストーリー

ヘンリー・フォンダが製作・出演、裁判での12人の陪審員たちの討論を丹念に描いた映画史に輝く傑作ドラマ。レジナルド・ローズのTVドラマの映画化で、シドニー・ルメット監督がこの作品で映画初監督を飾った。ニューヨークの法廷で、殺人事件の審理が終わった。被告は、17歳の少年。日頃から不良といわれ、飛び出しナイフで実父を殺した容疑だった。12人の陪審員が、評決のため陪審室に引きあげてきた。夏の暑い日で、彼らは疲れきっており、早く評決を済ませ家に帰りたがっていた。第1回の評決は、11対1で有罪が圧倒的。しかし、判決は全員一致でなければならなかった。無罪は第8番(ヘンリー・フォンダ)ただ1人。彼は不幸な少年の身の上に同情し、有罪の証拠がないというのだが・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-09-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿