ゴールデン・ボーイ 危機また危機

ゴールデン・ボーイ 危機また危機
ジャンル
洋画 / アクション
原題
TROPPO RISCHIO PER UN UOMO SOLO
制作国
イタリア
劇場公開
1973
キャスト

ストーリー

スピン!リタイヤ!激突!危機猛追!いま見せる、捨て身のカーチェイス!警察とギャング団に追われながら組織に挑む男が主人公のアクション。監督は、ルチアーノ・エルコリ。脚本は、エルネスト・ガスタルディとエルコリ。ルーディ・バッティ(G・ジェンマ)は一流のレーサーだった。アルゼンチン生まれで両親はイタリア人、ホリの深い顔とスラリとした長身は若い女性ファンのアイドルだった。ルーディは今日のレースが終わると、アルゼンチンに住む恋人のニーナ(S・スコット)に電話して、すぐイギリスに来るようにいった。翌日、ロンドンのヒースロー空港でニーナと再会したルーディは彼女を車に押し込むと友人のアランのアパートに連れていき、ベッドに投げだした。情事が終わり、ぐっすり眠ったルーディが眼をさますと、どういうわけか何人かの見知らぬ若い男女が部屋にいて、ニーナは友達だといって紹介した。翌朝、眼をさますと昨晩のことはすっかり忘れていたが・・・。

動画リンク

ゴールデン・ボーイ 危機また危機

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-10-07

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿