わたしの可愛い人 シェリ

わたしの可愛い人 シェリ
ジャンル
洋画 / ラブストーリー
原題
CHERI
制作国
フランス
劇場公開
2010/10/16
キャスト

ストーリー

R15+指定作品。レア、恋には熟練のココット(高級娼婦)。彼は、友人の息子シェリ、19歳。フランスの女流作家コレットの代表作『シェリ』を、『危険な関係』のスティーブン・フリアーズ監督がミシェル・ファイファー主演で映画化した文芸ラブ・ロマンス。20世紀初頭の華やかなパリを舞台に、美貌と知性で富と名声を手に入れた40代後半の元高級娼婦レアと、母子ほども年齢の離れた19歳の青年シェリの恋愛を描く。1906年、パリ。繁栄を謳歌するこの街で、ココットと呼ばれる高級娼婦は美貌と教養を兼ね備え、富ばかりか社会的なステータスも手に入れたまぎれもないセレブたちだった。そんなココットの中でももっとも成功した1人であるレアは、引退後は悠々自適な日々を送っていた。ある日、レアの元同業者で数少ない友人のマダム・プルーから、彼女の19歳の息子フレッドが女遊びが過ぎて手がつけられないと相談を受ける。恋のイロハを知り尽くしたレアは、教育係の気持ちで彼女がシェリと愛称で呼ぶフレッドと付き合い始めるが・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-10-13

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿