誘拐 狙われたハイネケン

誘拐 狙われたハイネケン

ストーリー

2011年オランダ製作、日本劇場未公開作品。世界有数のビール会社・ハイネケンの社長を誘拐。創業者一族を襲った、衝撃事件の真相は?マールテン・トゥルーニート監督が、実際に起きたビール会社・ハイネケン創業者の身代金誘拐事件を映画化したクライム・サスペンス。1983年、アムステルダム。世界有数のビール会社の経営者であり、オランダの有力者であるアルフレッド・ハイネケン(ルトガー・ハウアー)。ある夜、彼は会社を出て迎えの車に向かう途中、武装した4人組の若者に誘拐されてしまう。その後、21日間ハイネケンは、隠し部屋で鎖に繋がれて、監禁されることになる。彼はトイレも無い劣悪な環境の中、暴力に耐え、強靭な精神力で助けを待った。やがて、多額の身代金が支払われ、ハイネケンは警察に発見される。しかし、犯人グループは既に逃亡していた。彼はあらゆる政治力と情報網を使い、犯人逮捕に執念を燃やすことになるが・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-11

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿