サウルの息子

サウルの息子

ストーリー

収容所で死体処理係を命じられ、繰り返される惨劇の中で人間性を失いかけていたユダヤ人の男が、ひとりの少年の死をきっかけに、自らの危険を顧みずその亡骸を正しく埋葬することに全身全霊を傾けていく姿を、独創的かつ緊張感あふれる筆致で描き出す異色のドラマ。2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。監督は、ハンガリー期待の新鋭ネメシュ・ラースロー。1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。ここに収容されているハンガリー系ユダヤ人のサウルは、同胞をガス室へと送り込み、その死体処理も行うゾンダーコマンドとして働いていた。そんなある日、ガス室でまだ息のある自分の息子に似た少年を発見する。結局亡くなってしまったその少年を、サウルはナチスの監視の目を盗み、ユダヤ教の教義にのっとった正しい埋葬で弔ってあげようと決意するのだが・・・。

動画リンク

サウルの息子

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-12

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿