マリアの胃袋

マリアの胃袋

ストーリー

南の島を舞台に、日本人OLを食べて生きるというなぞの怪物を描いたブラックユーモア満載のホラー・コメディ。脚本は、『ベッド・パートナーBETPARTNER』の西岡琢也が執筆。監督は、これがデビュー作となる平山秀幸。とあるメーカーの宣伝課長である江島東洋男とモデルのマリアは、不倫旅行中のサイパンで、交通事故に遭遇してしまった。1年後、この島にバカンスにやって来た彰子、悦子、静江、恭子の4人組は、東洋男と同じ会社のOL。そして、4人のホテルには、心中する相手を探している安井という会社員と、いかにも水っぽい信代が投宿していた。死んだ東洋男に恋をしていた彰子は、それ故か東洋男の幽霊に出会うようになってしまう。そして、彼が現われた後、必ず友達の女の子が姿を消すということを不審に思った彰子は、心中願望の安井の手伝いをして信代の死体を運ぶ東洋男の後を追跡する。そこで彰子は、怪物と化したマリアに襲われ食べられそうになるが・・・。

動画リンク

マリアの胃袋

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-13

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿