電子頭脳人間

電子頭脳人間

ストーリー

脳外科の手術を受け、コンピューターによって精神をコントロールされた男が起こす事件を描くSFサスペンス。製作・監督・脚本は、TV出身のマイク・ホッジス。原作は、『ウエストワールド』を監督した作家マイケル・クライトンのSF恐怖小説。コンピューター科学者ハリー・ベンソン(ジョージ・シーガル)は、しばしば強烈な発作に襲われ、そのつど記憶を喪失していた。彼自身は憶えていないが、今まで2度も人を殺しそうになったという。現在は警察の監視下にあり、ある決断を迫られていた。今後も起こるであろう発作による暴力をさけるため、麻薬によって廃人になるか、あるいは脳手術によって巨大な電算機に支配される人間になるかのどちらかだった。後者の場合は、彼に暴力的な発作が起こると、いち早く電算機が彼の脳に向けて快楽信号を送り、暴力を回避させられることになるというものだった。結局ベンソンは、後者を選ぶのだが・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-13

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿