パニック・オーシャン ソマリア海賊緊迫の47日間

パニック・オーシャン ソマリア海賊緊迫の47日間

ストーリー

2009年にスペインで発生した、海賊によるハイジャック事件を映画化したアクション・パニック。監督は、サルバドール・カルボ。ソマリア沖、小さなボートに乗った2人の男が、スペインの大型漁船アラクラナ号に近づく。船のがらくたの中で、鈍く光るGPS電話。13人の海賊を乗せたモーターボートが、猛スピードでアラクラナ号に近づき、発砲しながら海賊達は素早く船に乗り移る。アラクラナ号ハイジャック第1日目であった。船長はスペインのフリゲート船に助けを求めるが、重装備をした海賊達に立ち向かう術はなく、乗組員達は海賊の命令に従うしかなかった。無情にも時間だけが過ぎて行く中、窮地に陥った乗組員の精神状態は既に限界を超えていた・・・。(前編)、2016年4月8日(後編)

動画リンク

パニック・オーシャン ソマリア海賊緊迫の47日間

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-09-19

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿